メディア情報

10年に一度の“おかえり筋”。

今年はあら与本店がある北町が“おかえり筋”!

提灯がずらりと並び、神様をお迎え。

若い衆に担がれた神輿が、ラッパ衆と13基の台車と悪魔祓いの獅子の先導で、

町内を練り歩きました!

 

 

来たる5月19・20日は美川の“おかえり祭り”

藤塚(ふじつか)神社の春祭りとして知られる白山市美川の「おかえり祭り」は、700年前にはその原型があったとされ、今日のような姿で行われるようになったのは、美川が北前船で栄えた江戸中期の頃ではないかと言われています。お神輿と13台の台車(だいぐるま)が全町を巡行します。

19日は藤塚神社を出発して高浜御旅所に到着し、そのまま一泊して2日目の夜に御旅所を出発し、おかえり節の町内を通り、翌朝未明に藤塚神社に戻ります。初日の土曜日は、まだ真っ暗な早朝にラッパ衆による「招集ラッパ」が鳴り響きます。そして、若衆に担がれた神輿が、ラッパ衆と13基の台車(だいぐるま)と悪魔祓いの獅子の先導で神社を出発し、町内を練り歩きます。ラッパ衆も、台車の引手も、神輿の担ぎ手も、紋付・袴姿のいでたちです。台車は土曜日の21時ごろに御旅所である高浜に到着。神輿が到着するのは23時頃です。

20日の日曜日は、19時以降にお旅所を立ち、10年毎に巡ってくる「おかえり筋」と呼ばれる通り筋(神輿や台車をもてなす通り)を練り歩きます。

台車は3輪の曳山で、「美川仏壇」の技術の粋を集めたものです。漆や蒔絵で彩られた13台の台車と、鮮やかな金色の神輿が練り歩く2日間は、美川のまちが祭り一色に彩られます。

【Mikawa”Okaeri”Festival】
The annual festival of the Fujitsuka-jinjya Shrine which commemorates the history of the port which flourished with maritime trade over 200 years ago in Mikawa Town, Hakusan City.

 

ゴールデンウィーク営業のご案内

いよいよゴールデンウィークがはじまりました♪

毎週水曜日休業日ですが、

5月2日(水)は休まず営業しておりますので、

みなさまのお越しをおまちしております!

 

お気をつけてお越しくださいませ。

価格改定のお知らせ

いつもあら与をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。近年、製造を取り巻く環境はより厳しい状況が続いております。このような状況下において、経費削減に努めるなど企業努力を続けてまいりましたが、品質維持・向上の為に、一部商品を5月1日から値上げさせていただくこととなりました。今後もお客様にご満足いただけるよう、努力してまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

下記の商品が値上がりいたします。

 

・花筐(小)

・ 花筐(大)   

・えびら       

・みやま       

・通小町 (かよいこまち)

・さば糠漬スライス         

・いわし糠漬スライス         

 

4月30日までは今までの価格で販売いたしますので、

お求めの方は4月中のご購入がオススメです。

 

タイガーエア台湾効果です!

先日、小松空港からふぐの卵巣(ふぐの子)ぬか漬を求めて、

あら与にご来店くださいました!

みなさん台湾の有名なブロガーらしく、

「禁断のグルメ」を世界中に発信してくれるとのことでした!

ついに「禁断のグルメ」が世界進出でございます!

外国からの取材、お待ちしておりまーす。

 

東京からセレブが・・お目当はふぐの卵巣(ふぐの子)!

昨日、突然豪華なバスがあら与商店本店にとまり、

中から5人組のセレブが・・。

慌てて接客させていただきました!

みなさん、ふぐの卵巣(ふぐの子)ぬか漬が目当てで、

ご来店されたらしく、いっぱい買って帰りました。

いきなりすぎて写真も撮れず。

不思議な1日にでした。

*東京は大雪なので帰れたのかな?

 

年末のご挨拶

今年も無事、最後の営業日を迎えることができました。

ありがたいことに今年も多くのお客さまに

あら与の「ふぐの卵巣(ふぐの子)糠漬」

お届けすることができました!

ありがとうございます。

 

来年も禁断のグルメを

みなさまにお届けできるようがんばりますので

よろしくお願いします。

それでは良いお年を。

 

ページトップに戻る