メディア情報

女性自身にあら与の「ふぐの子ぬか漬」が掲載されました!

20歳後半を中心に、30代の働く女性もターゲットに入れた女性週刊誌。

女性自身の「幻の逸品」にあら与のふぐのぬか漬が奇跡の伝統食品として

大きく掲載されました!発行部数はなんと355,000部。

江戸時代から継承されている禁断のグルメ。

みなさん、ぜひお取り寄せくださいねー。

 

雑誌「サライ」にてあら与が紹介されました。

2008年2月号「サライ」にてあら与が紹介されました

ぬかと日本人

保存、調味、栄養補助に活躍する稲作文化の落とし子。

・・・ぬか漬けの本来の目的は魚などの保存。乳酸菌の働きで、腐りやすいサバやイワシなども長期保存でき、そこに独自の風味が加わる。さらに、猛毒を持つフグの卵巣も、2~3年糠漬けにすると菌が毒素を分解し、美味しく食べられる。これは小泉さんの大好きな北陸の珍味だ。

 

ページトップに戻る